社員インタビュー

ハードルは高いが、
挑戦の場が
ここにはある。

営業部 入社2年目

幅広い業務から働き方を学ぶ

2年目なので好き嫌いなくというところではありますが、電話LANを中心に最近は内装関係にも取り組んでいます。リモートする部屋のようなニーズも増えてきているので、リモート関連の業務にも取り組み、幅広く覚えているところです。
課の意図としてそのように行っています。
同じ部署の先輩や、上司が電話関連を得意としているので、私が内装を得意になれば、電話と合わせて依頼もらったりということもできるので。そういったことを見据えながらするのが、部の方針です。
ですが、基本的には案件は一人で動くイメージです。まとまって動いてしまうと、稼働的にもったいないというのもあるので。
2年目なので、まだまだ勉強しなければならないと感じることも多々ありますが、上司や他のメンバーにもサポートしていただきながら進めています。

現場は学びの場

最初の頃はほとんど同行させて頂いて、営業回りや現場での作業に携わりました。最近ですと内装をやっている部署の仕事同行させて頂きました。やはり現場での勉強が多いのかなと思います。

最近では、内装関係を初めて自分で担当しました。手配からパーテーションや机のレイアウトの仕事までのほとんどを任せてもらいました。 ず何をやったらいいのか分からないので、先輩に段取りを聴きながら、複数の業務をこなすのことに一杯一杯になってしまうこともありましたが、その分終わった時の安心感、達成感があり、とてもやりがいを感じました。

電話系の大きな案件となると、もっと細かなところまで気を配らなければいけないので、まだまだハードルが高いですが、挑戦していきたいです。

基礎を作って提案力を身につける

5 年後のビジョンというのは、電話電気や内装だったりを基本的なことは一通り一人でこなせるようになることです。そこまで難しいことはわからなくてもまずは基本をしっかり覚えたいと思っています。
その後、電話が減ってきているなどがある中で、じゃあどういうものを売りに行くかを考えて提案・実行出来るようになりたいと考えています。

私はフルリモートでほとんど学校にしない生活をしていない中で入社しました。人が出社しないリモート中心の会社さんなんかもあるご時世なので、需要があるものというのも変わってきていると思います。この時期の経験から得たものなどを仕事に生かしていけたらと思います。

代表メッセージ

事業部紹介

社員インタビュー

募集要項

会社概要

エントリーはこちら