電話工事 東京、電話移設、LAN工事、電話工事の見積りならネットナレッジ株式会社(東京都・千代田区)へご連絡ください。

東京で電気工事・電話移設・LAN工事

その他

その他、当社のサービスや商品についてお問い合わせいただきました質問を掲載しています。

ご質問一覧

回答

IP-PBXとSIPサーバーの違いは?

簡単に言うと、元々の出自が違います。
IP-PBXは、従来のPBXを基礎としてIP対応させたシステムで、SIPサーバーはサーバーに電話機能を付加したシステムと考えてよいでしょう。

IP-PBXの特徴として、従来のPBXの機能をほぼ利用できるため、従来型のPBXから導入変更しても使い勝手などが基本的に変わりません。

SIPサーバーでは、従来のPBX中で主に利用する機能を付加しているため、現状の使い勝手から大きく変わってしまう可能性があります。しかし、サーバーというある程度オープンなシステムのため、一部の機能をユーザ自身で触ることができるため、データ変更を行う度に保守業者を呼ぶ必要がなくなります。

もう一つの大きな違いは利用するプロトコル(設備が通信を行うための言語のようなもの)の違いです。IP-PBXの場合基本的にIP(H.323)で、SIPサーバーの場合はSIP(Session Initiation Protocol)を利用しており、プロトコルが違うと通信を行うことができません。